赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。

製品案内

  • HOME »
  • 製品案内

アドバンス理工は創業以来、熱と材料をテーマに熱分析機器、熱物性測定機器や赤外線加熱関連システムなど豊富な製品群をご提供しております。

また、お客様の様々なご要望にお応えして、界面物性測定機器やガス分析機器などの理化学機器の提供も行っております。

近年、燃料電池の触媒材料で有望視されるナノ粒子形成のためのアークプラズマ成膜装置、地球温暖化に伴う自然エネルギーや廃棄エネルギーの有効利用のための小型発電機、微生物の活性化を熱によって計測するシステムの販売を行っており、電子 デバイスからエネルギー、医療までの幅広い分野で貢献しております。

アドバンス理工は、お客様のご要望にお応えすべくカスタム製品の製作も行っておりますので、どうぞお気軽にお声をかけて頂ければと思います

熱電評価装置

材料単体での性能指数を図るために必要なゼーベック係数・電気抵抗率・熱伝導率の評価やモジュール化したときの発電効率・回収電力を測定することが出来ます。

熱伝導率測定装置

バルク材料から20nmの薄膜まで多種多様なニーズにあわせた熱伝導率測定を行えます。試料ごと、測定方向ごとに精密な測定を行うことが出来ます。

熱物性測定装置

熱伝導率・ゼーベック係数・絶縁抵抗・熱膨張・重量変化など多様な測定ニーズにお応えします。熱測定における幅広い分野での測定装置をご提案致します。

熱分析評価装置

重量変化・熱膨張・比熱測定など材料の基礎物性に係わる測定を行うことが出来ます。また当社独自技術のレーザ熱膨張計による低膨張の測定や高真空化での重量測定試験を行うことが出来ます。

赤外線ゴールドイメージ炉/RTA装置

赤外線ランプを用いた高速加熱・高速冷却での熱処理を行うことが可能です。抵抗炉と比較し温度の立ち上がりが早く、処理枚数を飛躍的に延ばすことが可能です。試料サイズに応じたランプアニールを行うことが出来ます。

鉄鋼・鋼板評価装置

鋼板材料開発におけるシミュレーションやTTT・CCT曲線を手軽に測定することが出来ます。

ナノ粒子形成・ナノ薄膜・精製装置

アークプアズマ放電をもちいて金属粒子を蒸着または担持することが出来ます。その技術を用いて燃料電池における活性触媒への利用や多層膜など様々な用途に利用が可能です。 昇華精製装置では温度勾配をつけた加熱炉を用い有機色素材の高純度回収が可能です。

表面・界面物性評価装置

光触媒の活性評価や液体の界面ズリの評価・熱をかけた時の材料の濡れ性を評価することが出来ます。

ガス分析装置

高温下でのガス分析やバリア膜の水蒸気透過を測定することができます。

微生物活性計測システム

微生物が発する熱を測定することで、液体や固体の試料の形を変えることなく、非破壊的に微生物増殖を計測するシステムです。微生物の増殖の様子をシャーレやバイアルなどに試料を入れるだけで測定を行うことが出来ます。

発電機

排熱を利用し、発電を行うことが出来ます。90℃のお湯と水を用いることにより、最大3kWの発電が可能です。装置サイズもコンパクトで設置幅を取りません。

ハンディ溶接器シリーズ

ハンディ型のスポット溶接機シリーズになります。手軽に、持ち運びができ金属板への溶接や熱電対素線の先端作りを行うことが出来ます。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.