赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。

熱分析

重量変化・熱膨張・比熱測定など材料の基礎物性に係わる測定を行うことが出来ます。また当社独自技術のレーザ熱膨張計による低膨張の測定や高真空化での重量測定試験を行うことが出来ます。

示差熱天秤 熱重量測定 示差熱分析

重量変化と吸発熱カーブの同時測定を行います。
プラスチックの耐熱評価やセラミックスのバインダーや熱電材料の研究開発、石炭の灰分分析、ゴム中のカーボンの定量などが可能です。
また、赤外線ゴールドイメージ炉を使用していますので、急速加熱、冷却の測定が可能です。

重量変化 測定温度範囲 測定雰囲気 試料形状、寸法
室温~1500℃ 大気中
不活性ガス中
(低圧)
試料容器:φ4×4㎜

対応製品のご紹介

熱膨張計 熱膨張・熱膨張率測定

固体試料の熱膨張、収縮測定を行います。赤外線ゴールドイメージ炉を使用していますので、ステップ昇温測定が可能です。

熱膨張
収縮
測定温度範囲 測定雰囲気 試料形状、寸法
室温~1400℃ 大気中
不活性ガス中
φ10㎜×長さ50㎜
(形状に関して要相談)

対応製品のご紹介

レーザ熱膨張計 熱膨張測定 低膨張測定

検出分解能が20nmなので、低膨張材料や、各種電子部材の精密膨張測定が可能です。
また、フィルムの厚さ方向の膨張測定も可能です。

熱膨張 測定温度範囲 測定雰囲気 試料形状、寸法
-150℃~200℃ 低圧ヘリウムガス中 固 体
φ6×12㎜弾丸状
室温~700℃ 真空中
低圧ヘリウムガス中
-150℃~200℃ 低圧ヘリウムガス中 フィルム状:φ又は角7㎜×厚さ50μm~1㎜
室温~700℃ 真空中
低圧ヘリウムガス中

対応製品のご紹介

加熱観察

金属材料の結晶変態、析出及び凝固の観察や各種材料の溶融状態、析出物の観察ができます。

高温観察 測定温度範囲 測定雰囲気 試料形状、寸法
室温~1600℃ 大気中
不活性ガス中
φ4㎜×3㎜

対応製品のご紹介

高真空下での熱重量測定

重量変化の測定により高分子材料の飽和蒸気圧、熱挙動を簡便に測定できます。

重量変化・飽和蒸気圧・蒸発速度
(分子量既知)
測定温度範囲 測定雰囲気 試料形状、寸法
室温~1000℃ 真空中

試料容器:φ4×4㎜
またはφ7.5×8㎜

対応製品のご紹介

お気軽にお問い合わせください。

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.