赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

ナノ粒子形成・ナノ薄膜・精製装置

アークプラズマ放電をもちいて金属粒子を蒸着または担持することが出来ます。その技術を用いて燃料電池における活性触媒への利用や多層膜など様々な用途に利用が可能です。
昇華精製装置では温度勾配をつけた加熱炉を用い有機色素材の高純度回収が可能です。

アークプラズマ蒸着源 APS-1

アークプラズマ蒸着源APS-1はパルスアーク放電により、金属イオンを高効率に生成できる真空蒸着源です。
真空装置に搭載することで簡便に金属ナノ粒子や金属膜の形成が可能になります。蒸着雰囲気により酸化膜や窒化膜の形成も可能です。

アークプラズマ法ナノ粒子形成装置 APDシリーズ

APD装置シリーズは、パルスアーク放電により金属イオンを生成し、新しい機能を有したナノ粒子やナノ薄膜の形成が可能な唯一の真空蒸着装置です。
燃料電池の電極材触媒、光触媒、排ガス触媒のためのナノ粒子や硬質薄膜、磁性膜、Liイオン電池電極などの特殊材料形成のために利用されます。
蒸着源APS-1を増設することにより、二元三元の金属合金化への対応も可能です。

昇華精製装置 TRSシリーズ

有機材料の高純度化。
有機色素は純度が悪く、多くの不純物を含んでいます。そのため、その試薬を使って得られた薄膜の物性は、固有のものではなく不純物によって変られています。本装置は、最大2ゾーンの温度勾配により高純度有機材料を得ることが出来ます。

製品を探す

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.