当社が「日本熱電学会2018年技術功績賞」(業績名称:普及型熱電材料・モジュール性能評価技術の開発および実用化)を受賞し、東北大学で開催された第15回日本熱電学会学術講演会にて、2018年9月13日に表彰式が行われ、同15日に受賞講演を行いました。

本賞は、熱電技術の発展に顕著な功績があった研究者・会社等を表彰するもので、今年度は当社を含め2社が受賞しました。

当社はこれまで、様々な熱電評価装置(*)を開発・販売してきましたが、中でもZEM-3は国内外で多くのユーザー様にご使用いただいております。現在では海外へのZEM-3販売台数が国内での販売台数をはるかに上回っております。(*)熱電評価装置は以下のURLから閲覧可能です。

https://advance-riko.com/categories/thermoelectric-evaluation-system/

今回の受賞は、熱電に関する様々なご要望に沿った装置開発への取り組みが高く評価されたものと受け止めております。今後も市場の変化に伴い、皆様の新しいご要望を基に新しい装置の開発・実用化へとつなげられるよう精進して参ります。

http://www.thermoelectrics.jp/commendation.html(外部リンク)