このたび、「可搬型小型発電システム ECOR-3」は、「かながわスタンダード」に認定され、2013年2月6日、パシフィコ横浜で開催された「テクニカルショウヨコハマ 2013」の会場において、黒岩神奈川県知事より認定証が授与されました。

「かながわスタンダード」は、神奈川県が、県内の中小企業が開発した技術や製品の事業化・商品化を促進することを目的に、その事業計画を技術と経営の両面から評価し、世界に発信する神奈川の先端技術としてふさわしい優れた事業計画に与えられるもので、平成24年度は、5社の事業計画が選ばれ、そのひとつにアルバック理工の「可搬型小型発電システム ECOR-3」が選ばれました。

Awarding_Ceremony_1 ECOR-3-Ft_120924
Awarding_Ceremony_2 Certificate

神奈川県産業技術センター 平成24年度かながわスタンダード認定事業計画