微生物活性計測システム Spicaシリーズアルバック理工株式会社(本社 神奈川県横浜市、代表取締役社長 五戸成史)は、微生物の活性(元気さ)や動態(増える速さ)を微生物細胞が出す「熱量」を測定することで評価できるシステム「Spica」「Antares」「Leonis」の販売を開始します。

同システムは、従来、微生物を静止した状態で観測している寒天培養法や濁度測定法等に比べ、圧倒的に少ない労力で多くのサンプルを非破壊的に同時観測でき、得られる情報を動的に捉え定量的に把握することができるということが特長です。食品の腐敗や醗酵、液体/固体に対する抗菌剤などの防腐効果、土壌環境や汚染、ごみ処理や廃水処理、培養など微生物が関与する研究をされている方々にとっては、本システムを使用することで、コスト、時間、労力の削減と共に多くの知見が得られ研究開発の一助になるものと期待されます。

人間が生きている限り熱を発生しているように、あらゆる生物細胞には物質代謝に伴うエンタルピー変化があり、それに対応する熱を生成しています。本システムでは、一定温度に保持された環境下に食品試料などをそのまま置いて微生物の発するミクロな熱量の時間を測定することにより、微生物の増殖速度や各種条件における活動の変化の情報を得ることができます。リアルタイムでその細胞の動的挙動を定量的に計測できるため、食品だけでなく、微生物が関与するあらゆる分野で本製品を利用することができます。
なお、本システムは2008-2010年のJST先端計測分析技術・機器開発事業のもとで開発され、「けいはんな文化学術協会・微生物計測システム研究所」にて製品開発を行ってきました。

本システムの特長

①あらゆる形状の試料を非破壊的に計測できます。

寒天培養法や濁度測定法などの従来法は、試料を準備するまでの時間や労力が膨大で、得られる情報はあくまでもその時点の静的な情報でしかありません。しかし、本システムでは、固体・液体を含む不均一な試料であっても、形状を変えることなく非破壊的状態で微生物の動態を計測することができます。
液体培地、寒天培地、その他ふすまやウレタンなどの微生物培地、畑/水田土壌など微生物が関与する種々様々な試料を扱うことが可能です。食品分野でも、素材、加工品、惣菜、レトルト食品などの腐敗並びに防腐/防菌処方の検査などが行えます。

②定量的な計測が可能です。

本システムではリアルタイムで熱量を計測するため、微生物の動的な情報、増殖速度定数や腐敗速度、あるいは増殖を阻害する各種薬剤の作用曲線、阻害剤の50%阻害濃度や100%阻害濃度(MIC)などの定量的なデータを取得することが可能です。

③多試料同時計測が可能です。

一度に24バイアル/アンプル(Spica、Antaresシリーズ)、8シャーレ(Leonisシリーズ)のセッティングが可能なため、複数種類のパラメーターを様々に変えて同時に計測でき、研究開発の効率が大幅にアップできます。
本システムは、基本的には細胞や微生物の増殖が起こりうるどのような試料系をも対象にすることができます。これまでに計測を行った例では

  • 食品の腐敗並びに防腐処理の把握
  • 食品の醗酵/醸造の研究
  • 一般微生物学研究
  • 各種抗菌剤の開発
  • 化粧品と防腐処方の研究⇒液体の防腐処方の研究
  • 薬剤効果の精密評価
  • ふすま、ウレタン、その他担体培養の解析
  • 土壌環境と重金属/農薬汚染物質の影響評価
  • 生ごみ処理の評価
  • 廃水処理/土壌レメディエーションの評価
  • ガンマー線、電子線照射による微生物活性影響の測定
  • 抗菌グッズの抗菌性能の評価

などが挙げられます。食品/食生活の安全が益々重要になってきている昨今、食品の微生物汚染を予測するという手法は極めて重要であり、そのための確実で信頼性の高い手段として、幅広い分野で応用されることが期待されます。

販売価格、計画

本システムは、すでに販売を開始しておりましたが、2013年9月より本格的販売となりました。販売価格は680万円からとなり、初年度販売台数は数台を見込んでおります。

出展情報

9月4日~6日に、千葉・幕張メッセで開催される「JASIS2013」会場内、ULVACブース(7ホール、7B-502)において、実機展示いたします。また、9月10日~11日、「日本防菌防黴学会第40回年次大会(大阪、千里ライフサイエンスセンター)」においても、けいはんな文化学術協会ブースに展示いたします。

製品写真

微生物活性計測システム Spicaシリーズ 微生物活性計測システム Spicaシリーズ
微生物活性計測システム Spicaシリーズ Spicaシリーズ(24試料)

本件に関するお問合せ先

アルバック理工株式会社
国内営業部 小笠原 健太
TEL:045-931-2285(代)/ FAX 045-933-9973
〒226-0006 神奈川県横浜市緑区白山1-9-19
関連ウェブサイト:http://www.advance-riko.com/