赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

光交流法比熱測定装置 ACC

超高感度相対比熱測定が可能。
本装置は光交流法(AC法)による超高感度相対比熱測定装置です。
液体ヘリウム温度(ACC-VL型)~700℃までの相対比熱を角2mm×厚0.2mmの小試料で測定することができます。

用途

  • 超伝導セラミックの臨界温度での比熱変化測定。
  • 単結晶や微小試料の比熱測定。

特長

  • 微小試料の相転移測定や電子比熱係数の測定が可能。
  • 0.1℃の温度間隔で相対比熱測定が可能。
  • 一定温度下での比熱測定が可能。
  • 標準試料との比較で絶対比熱測定が可能。

仕様

型式 ACC-1M ACC-1L ACC-1M/L ACC-VL1
測定物性 比熱
温度範囲 室温~870K 100~470K 100~870K 6~300K
試料寸法 角2mm×厚0.1~0.3mm
試料測定雰囲気 不活性ガス中 高純度Heガス中 不活性ガス中、高純度Heガス中 高純度Heガス中

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.