自動変態点測定装置 トランスマスターⅢ

変態点の検出、CCT図・TTT図の測定・作図を行うことが可能。
金属試験片を室温~最高1350℃までの温度範囲にわたり高速加熱・高速冷却を行うことが出来ます。それにより得られる【時間-温度・変位(長さ)】曲線より変態点(変態温度)を測定することが出来ます。サブゼロ機構では液体窒素の気化潜熱を利用し、-150℃までの測定が可能になります。

用途

  • 金属片の変態点の検出
  • CCT・TTT図の作図

特長

  • サブゼロ機構によるマイナス温度までの計測
  • 赤外線ゴールドイメージ炉によるクリーン加熱
  • 解析ソフトの充実

仕様

測定物性 熱膨張
温度範囲 -150℃~1350℃
試料寸法 φ3mm×10mmL
冷却方式 ガスノズルからのガス噴射
アプリケーション 冷却水循環装置
ハンディスポット

この製品を利用した受託分析のご案内

この製品に関するお問い合わせはこちら

関連製品

  1. 横振動型内部摩擦測定装置 IFTシリーズ

  2. 高温観察装置 TMSシリーズ

  3. マイクロインデンテーション試験機 μIT-1

  4. 鋼板用 高速熱処理試験装置 CASシリーズ