熱膨張計 DL-9000/DLY-9000シリーズ

バルク材料の熱膨張測定装置。
さまざまな固体試料の線膨張、収縮測定が可能です。

用途

  • 金属材料や低膨張合金(DLY型)の品質管理及び研究開発
  • ガラス材料のガラス転移点前後の熱膨張測定
  • 半導体パッケージの品質管理
  • セラミック材料、カーボン材料の品質管理
  • セラミックス等の焼結挙動分析
  • 不均質材料(セメント等)の膨張測定

特長

  • スプリング方式の荷重設定のため取り扱いが容易
  • 試料ホルダの交換が極めて簡単なシンプル設計
  • DLY型は試料寸法が最大φ20×長100mmまでの製作が可能

仕様

型式 DL-9200 DL-9400 DL-9500 DL-9600 DL-9700 DL-9800 DLY-9200 DLY-9400 DLY-9500 DLY-9600
温度範囲 -170 ~ 300℃ RT ~ 1000℃ RT ~ 1500℃ RT ~ 1100℃ RT ~ 1700℃ RT ~ 1650℃ -170 ~ 300℃ RT ~ 1000℃ RT ~ 1500℃ RT ~ 1100℃
試料寸法 φ3 ~ 6mm×長10 ~ 20mm(標準15mm) φ8 ~ 10mm×長35 ~ 50mm(標準長50mm)
測定レンジ 変位±2500μm
測定雰囲気 大気中、不活性ガス中

この製品を利用した受託分析のご案内

この製品に関するお問い合わせはこちら

関連製品

  1. 示差熱天秤 TGD-9000シリーズ

  2. 示差走査熱量計 DSC-Rシリーズ

  3. ロボット熱膨張計 DLY-9000-ROBOT

  4. 熱機械試験機 TM-9000シリーズ

  5. レーザ熱膨張計 LIX-2シリーズ