赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

熱電特性評価装置 ZEM-3シリーズ

熱電材料の熱電率(ゼーベック係数)と電気伝導率を同時に測定する装置です。簡単な操作で-80℃~1000℃までの温度範囲の測定機を準備しております。

用途

  • 半導体系、セラミックス系、金属系と幅広い材料の熱電特性評価。

特長

  • 温度制御性に優れた赤外線ゴールドイメージ加熱炉と温度差制御用マイクロヒータを採用
  • 測定はコンピュータ制御され指定温度で各温度差ごとに測定、暗起電力の除去など自動測定が可能
  • オーミックコンタクト自動チェック機能(V-Ⅰプロット)を標準装備
  • オプションアタッチメントにより、薄膜測定も可能
  • 高抵抗型にカスタム可能

特許や規格

熱電能JIS R 1650-1
抵抗率JIS R 1650-2

仕様

型式 ZEM-3L ZEM-3LW ZEM-3M8 ZEM-3M10
温度設定範囲 測定温度ステップ及び温度差ステップ数 最大125
温度範囲 -80〜100℃ -100〜200℃ 50〜800℃ 50〜1000℃
試料寸法 角または、φ2 〜4 mm × 長 5 〜22 mm
測定雰囲気 低圧H e ガス中(大気中)
アプリケーション 冷却水循環装置
熱電発電シミュレーションソフト
薄膜アタッチメント
各種雰囲気下での測定についてはご相談ください。

測定原理

試料は円柱または角柱で加熱炉内の上下ブロックに挟んで垂直にセットします。所定の温度に加熱・保持しながら、下部ブロック内のヒータによって試料に温度勾配をつけます。ゼーベック係数の測定は、試料側面に押し当てた熱電対で上下のT1、T2と熱電対の片側同一素線間の熱起電力dEを測定し求めま す。
電気抵抗測定は直流四端子法で、一定電流Iを試料両端に印加して熱電対の同じ素線間の電圧降下dVを測定し、リード線間の熱起電力を除いて求めます。

P型 Si80Ge20焼結体の測定例

データのご提供:産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 熱電変換グループ

この製品を利用した受託分析のご案内

お気軽にお問い合わせください。

製品を探す

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.