赤外線ランプクエンチ装置 CAS-MR59AQ

材料の加熱後に試料を落下させ、水クエンチ不活性ガス雰囲気中で最高1800 ℃まで加熱可能

用途

  • 鋼板材料における新素材の研究開発
  • 金属の凝固過程における組成評価
  • セラミックスのヒートショックテスト

特長

  • 1800℃の超高温域へ10秒で昇温可能
  • 赤外線ランプ加熱により、発生ガスやダストが少ないクリーン加熱
  • 材料の加熱後に水クエンチが可能

仕様

温度範囲 RT ~ 1800℃
試料サイズ Φ12mm × L13mm
加熱雰囲気 各種ガスフロー中
熱電対 JIS B φ0.3 (W-Re対応可)

システムイメージ図

この製品に関するお問い合わせはこちら

関連製品

  1. 簡易型赤外線ランプ加熱装置 SSAシリーズ

  2. 空冷卓上型ランプ加熱装置 MILA-700AR

  3. 赤外線ランプ加熱装置 RTP-6

  4. プログラム温度コントローラー TPC-5000シリーズ

  5. 生産用熱処理炉(ライン設備)

  6. 卓上型ランプ加熱装置 MILA-5000シリーズ

  7. 卓上型ランプ加熱装置 MILA-5050

  8. 雰囲気可変型ランプ加熱装置 QHCシリーズ/VHCシリーズ

  9. スポット集光型赤外線ゴールドイメージ炉 シリーズ