ロボット熱膨張計 DLY-9000-ROBOT

全自動無人運転で品質管理業務の省力化。
ロボット熱膨張計は品質管理業務における測定の標準化と省力化を目的に開発された装置です。優れた再現性と無人運転における安全対策や測定結果の作図・作表機能により、品質管理に最適です。

用途

  • カーボン材料及び原料の品質管理
  • 電子部品材料の品質管理
  • セラミックスハニカムの品質管理
  • さまざまな固体材料の品質管理
  • 高分子材料の自動ガラス転移(Tg)測定

特長

  • 目的に応じて試料長が20、50、100mmのバージョンから選択可能
  • 各計測部の異常チェック機能を標準装備
  • 完全な無人自動測定と解析
  • 最大48サンプルの測定を連続無人運転可能
  • 断水、漏電、停電などあらゆる安全対策機能を標準装備
  • 赤外線ランプ加熱により測定サイクルを大幅に向上
  • スタート時、標準試料で測定精度を自動チェック
  • 異常停止時の手動復帰用リモコン機能(停止前のデータは保存されています)

仕様

温度範囲 RT ~ 1100℃
加熱方式 赤外線ゴールドイメージ炉
測定雰囲気 大気中、不活性ガス中
試料寸法(試料長選択) φ又は角5mm×長さ20㎜
φ又は角10㎜×長さ50㎜
φ又は角10㎜×長さ100㎜
試料形状は、ご相談に応じます。
標準試料数 標準試料1個+24個(個数設定は任意可)
この製品に関するお問い合わせはこちら

関連製品

  1. 熱機械試験機 TM-9000シリーズ

  2. 示差走査熱量計 DSC-Rシリーズ

  3. レーザ熱膨張計 LIX-2シリーズ

  4. 示差熱天秤 TGD-9000シリーズ

  5. 熱膨張計 DL-9000/DLY-9000シリーズ