赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

超高温ランプアニール装置 HT-RTA59HD

SiCなど高価な試料やその他高融点材料の小片試料をスポット加熱による高い反射効率で、超高温領域1800℃まで昇温可能な卓上型超高温ランプアニール装置です。

 

 

用途

  • SiC(GaN)パワーデバイスプロセスの酸化膜形成、活性化アニールの研究・開発
  • その他半導体プロセスの研究・開発
  • ガラス基板、セラミックス、複合材料などの熱処理
  • セラミックス材料の熱衝撃試験
  • 高融点金属材料の焼結など、各種熱処理試験
  • 温度勾配炉として
  • ガス分析用の加熱炉として

特長

  • 超高温1800℃まで10秒の加熱が可能
  • 楕円反射面にハイパワーランプを搭載したスポット集光炉
  • Cold Wall構造による急速加熱/冷却とクリーン加熱が可能
  • 加熱炉と石英製チャンバを一体化した卓上型
  • 温度レシピは、USB接続したパソコンで簡単入力
  • 加熱中の温度データをパソコン画面に表示可能(テキストファイルとして保存も可能)

仕様

型式HT-RTA59HD
温度範囲室温~1800℃ (最高2000℃)
試料サイズ角15mm × 厚1mm
温度センサJIS B熱電対 (W-Re も対応可)
所要電源AC 200 V 40 A  8 kW

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.