赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

横振動型内部摩擦測定装置 IFTシリーズ

鉄鋼中のカーボン、窒素の定量分析。
自由減衰法により鉄鋼の内部摩擦を測定する装置です。

用途

  • 薄板鋼板中に含まれるカーボン、窒素のSnoek peak分離
  • 品質管理
  • 合金の力学的緩和現象の解析
  • 防振合金の研究開発

特長

  • 簡単な操作で高精度な内部摩擦の測定が可能
  • 内部摩擦のバックグランドが最小な試料系を採用

仕様

型式 IFT-1500M IFT-1500L
測定物性 内部摩擦値Q-1
温度範囲 室温~600℃ (ヒーター能力値) -150℃~250℃
試料寸法 巾10mm×長120mm×厚0.5~1.2mm
測定雰囲気 真空中 真空中、Heガス中

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.