赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

レーザ熱膨張計 LIXシリーズ

最少分解能2nmの超精密熱膨張測定。
低熱膨張材料や各種電子部材の精密膨張測定が可能です。また、フィルムの厚さ方向の膨張測定も可能です。

用途

  • 有機フィルムの厚さ方向膨張測定
  • 低膨張ガラスの高精度膨張測定
  • 封止材の膨張測定

特長

厚さ50~500μmの高分子フィルム材の厚さ方向測定が可能

特許や規格

JISR3251-1995に準拠
平行移動式試料ホルダ(特許)

仕様

型式LIX-2MLIX-2L
測定物性熱膨張
温度範囲室温~700℃-150℃~200℃
試料寸法φ3~6㎜×長さ10㎜~15㎜ 長さ方向の両端は球面仕上げ
測定雰囲気真空中
低圧高純度Heガス中

この製品を利用した受託分析のご案内

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.