赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

生産用熱処理炉(ライン設備)

熱処理目的に応じた加熱システム形成。
本装置は部材の形状とプロセス上の熱処理目的に応じて加熱炉及び加熱システムが形成されます。
高速加熱・高速冷却、クリーン加熱を最大限活用し無公害・省エネルギ・高機能化に適した加熱炉を提供致します。

用途

  • 建材用アルミニウム押出金型の高速予備加熱
  • 金属線材の連続熱処理
  • 金属テープ材料の圧延前後工程での連続熱処理
  • 異種金属材料の拡散接合加熱
  • コーティング膜の乾燥・焼き付け加熱
  • ガラス基板材料の高真空中加熱
  • 塩化ビニールパイプの軟化成型
  • エナメル線の乾燥、焼きなまし
  • カーボンナノチューブの生成炉

特長

※仕様は熱処理の目的に対応いたします。ご相談下さい

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.