赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

発電効率特性評価装置 PEM-2

熱電発電モジュールの特性評価。
熱電発電モジュールに最大500℃の温度差をつけて、モジュールに一次元の熱流Qを貫流させたときに発電する電力Pを求めて熱電変換率ηを求める装置です。

用途

  • 熱電発電モジュールの発電効率測定
  • 熱サイクル試験によるモジュールの寿命試験

特長

  • 温度制御性に優れた赤外線ゴールドイメージ炉を採用し、素早くモジュールの性能評価及び耐久試験が可能
  • モジュールの上下面に最大500℃の温度差をつけることが可能
  • モジュール貫通熱量の計測が可能
  • エアシリンダー機構によって加熱時における接触面の熱抵抗を安定保持
  • 温度安定の判定、熱電発電モジュールに対する負荷の自動可変、測定温度の自動制御により、計測動作をソフト上の設定のみで可能

仕様

型式 PEM-2
測定物性 変換効率、発電量、貫通熱量
測定方式 一次元熱流投入法
温度範囲 最高800℃
試料寸法 角30mm×厚5~30mm (応相談)
測定雰囲気 不活性ガス中

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.