発電効率特性評価装置 PEM-2

熱電発電モジュールの特性評価。
熱電発電モジュールに最大500℃の温度差をつけて、モジュールに一次元の熱流Qを貫流させたときに発電する電力Pを求めて熱電変換率ηを求める装置です。

用途

  • 熱電発電モジュールの発電効率測定
  • 熱サイクル試験によるモジュールの寿命試験

特長

  • 温度制御性に優れた赤外線ゴールドイメージ炉を採用し、素早くモジュールの性能評価及び耐久試験が可能
  • モジュールの上下面に最大500℃の温度差をつけることが可能
  • モジュール貫通熱量の計測が可能
  • エアシリンダー機構によって加熱時における接触面の熱抵抗を安定保持
  • 温度安定の判定、熱電発電モジュールに対する負荷の自動可変、測定温度の自動制御により、計測動作をソフト上の設定のみで可能

仕様

測定物性 変換効率、発電量、貫通熱量
測定方式 一次元熱流投入法
モジュールサイズ 角20、30、40mm×厚5〜30mm
受光板表面温度 最高800℃
試料温度差 厚さ30mm SUS 程度の熱伝導率で 00 ℃ 程度
接触面加圧力 2MPa(角30mmの時)
測定雰囲気 不活性ガス中
設置場所 約W3000×D1000(mm)
重量 約300kg
所要電源 本体:AC 200 V, 1φ, 4 kVA 1箇所 パソコン、
ポンプ: AC 100 V, 1φ, 1 kVA コンセント 2 箇所
所要接地 接地抵抗100Ω以下 1 箇所

装置構成

  • 試料加熱部系(架台を含む)    1式
  • プログラム温度制御器       1式
  • 計測回路系            1式
  • 真空排気装置           1式
  • データ処理装置          1式
  • 恒温水循環器(下部熱流計測ブロック冷却用)  1式

ユーティリティ

装置寸法 約 W 3000 × D 1000(mm)
重量 約300kg
所要電源 本体:AC 200 V, 1φ, 4 kVA 1箇所
パソコン、ポンプ: AC 100 V, 1φ, 1 kVA コンセント 2 箇所
所要接地 接地抵抗100Ω以下 1 箇所

市販品のモジュール測定例

温度と負荷電流による電力評価

温度と最大変換効率評価

この製品に関するお問い合わせはこちら

関連製品

  1. 熱電特性評価装置 ZEM-5シリーズ

  2. 小モジュール用熱電変換効率評価装置 Mini-PEM

  3. 熱電特性評価装置 ZEM-3シリーズ

  4. 大気中熱電モジュール評価装置 F-PEM

  5. 厚さ方向熱電特性評価装置 ZEM-d