赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

高温多重熱物性測定装置 RMP-1

本装置は、電流を試料に直接通電することにより、試料を1 秒以内に超高温下まで加熱し、熱物性を測定する装置です。基本物性は、電気抵抗率、全放射率、比熱容量、熱膨張率、熱拡散率です。
半球全放射率 JIS-R1693-3準拠

用途

カーボン材料分野、金属材料研究、宇宙開発分野 など

特長

  1. 直接、試料へ通電するため、瞬時に2000℃以上の高温域下へ昇温可能
  2. 2000℃を超える超高温域で使用される耐熱材料の測定も可能
  3. 複数の熱物性を同時測定可能
    電気抵抗率、全放射率*1、比熱容量、熱膨張率*2、熱拡散率*2
  4. 温度制御性1%以内(2800℃時)
  5. 100V 15A 電源で、装置冷却の機構や冷却水も不要のため、設置が容易
  6. 極めて短時間で測定が出来るため、エネルギー消費が少なく高い省エネ効果を見込める
    *1 半球全放射率 JIS-R1693-3 準拠
    *2 オプション

仕様

加熱方式直接通電加熱
温度範囲 700℃ ~ 2800℃
最高昇温速度3000℃/s
測定雰囲気Φ3mm×100mm(要相談)
試料寸法真空中
測定試料カーボン、金属(通電可能試料)
測定物性電気抵抗率、比熱容量、半球全放射率
オプション: 熱膨張率、熱拡散率
カスタム可能

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.