赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

走査型サーマルプローブマイクロイメージ STPM-1000

材料の面内分布評価、分析。
本装置では、ゼーベック係数と熱伝導率の面内2次元分布を同時に測定する装置です。
20μmのピッチで材料のマッピング分析が可能です。

用途

  • 熱電材料の簡易性能評価
  • 傾斜機能材料の熱特性分布評価
  • 無機材料、高分子材料、結晶性材料の均質性評価
  • 実用材料(プリント基板、多層基板など)の欠陥評価

特長

  • 20μmのピッチで分布分析評価が可能
  • 標準物質を用いて校正することにより熱伝導率の確度向上が可能

仕様

型式 STPM-1000
測定物性 ゼーベック係数、熱伝導率(相対的評価)
局所分解能 20μm
温度範囲 室温+5℃
試料寸法 最大 角20mm×厚5mm
測定雰囲気 大気中

この製品を利用した受託分析のご案内

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.