赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

キセノンフラッシュ法熱拡散率測定装置 TD-1シリーズ

熱伝導性高分子材料の研究開発・品質管理に。
放熱フィルムなどの厚さ方向や面内異方性評価測定が可能です。
レーザフラッシュと比較し光源がやわらかく薄いシート状の測定が可能です。
また、専用のアタッチメントを用いることにより、試料の異方性の測定が簡易的に行えます。

用途

  • 高分子材料の熱拡散率測定(厚さ方向)
  • 比熱容量の測定および熱伝導性の評価
  • 熱拡散率の異方性評価が可能(面内方向)
  • 多層材の熱拡散率評価(厚さ方向)

特長

  • 熱伝導性高分子材料の熱物性評価に最適
  • 測定雰囲気は大気中及び真空中、不活性ガス中から選択(RTA型は大気中のみ対応)
  • 省電力(AC100V 15A、PCは除く)
  • 省スペースで卓上設置型
  • 室温~最高350℃までの温度制御が可能(昇温測定はHTV型のみ対応)

仕様

型式 TD-1 HTV TD-1 RTV TD-1 RTA
測定物性 熱拡散率、比熱容量(オプション) 熱拡散率、比熱容量(オプション) 熱拡散率、比熱容量(オプション)
温度範囲 室温~最高350℃ 室温 室温
試料寸法 試料サイズ:φ10mm(円板状試料、厚さ方向測定)
試料厚さ:25μmから2mm(ポリイミド系試料の場合)
オプション: 丸型試料用ホルダ(厚さ方向)
φ12.7、φ15、φ20mm
角型試料用ホルダ(厚さ方向)
□10、□12.7mm
面内方向ホルダ(面内方向)
φ20mm
測定雰囲気 大気中、真空中、不活性ガス中 大気中、真空中、不活性ガス中 大気中
アプリケーション オプション: 丸型試料用ホルダ(厚さ方向)
φ12.7、φ15、φ20mm
角型試料用ホルダ(厚さ方向)
□10、□12.7mm
面内方向ホルダ(面内方向)
φ20mm
多層解析ソフト

この製品を利用した受託分析のご案内

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.