受託分析

熱膨張測定の受託分析

押棒式変位検出法

加熱した試料の変化が、石英ガラス製検出棒により差動トランスに伝えられ、電圧の変化を熱膨張回路で増幅し熱膨張を求めます。

膨張率

測定温度範囲 測定雰囲気 試料形状、寸法 金額
室温~1000℃ 不活性ガス中 φ10㎜×長さ20㎜または50㎜
※形状に関しては要相談
¥50,000
室温~1400℃ ¥90,000

測定装置:熱膨張計 DLY-9000シリーズ

レーザ光干渉方式

温度変化による試料の膨張変化量を二光束の干渉による縞の移動量として計測し、試料の熱膨張量を求める方法です。(二重光路マイケルソンレーザ光干渉法)

膨張率(固定試料)

測定温度範囲 測定雰囲気 試料形状、寸法 金額
-150~200℃ 低圧ヘリウム中 φ6㎜×長12㎜(弾丸状) ¥80,000
室温~700℃ 真空中 ¥70,000

膨張率(フィルム状試料)

測定温度範囲 測定雰囲気 試料形状、寸法 金額
-150~200℃ 低圧ヘリウム中 φまたは、角7㎜
厚50μm〜1㎜
¥100,000
室温~700℃ 真空中 ¥90,000

測定装置:レーザ熱膨張計 LIX-2シリーズ