赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

ガス分析装置

高温下でのガス分析やバリア膜の水蒸気透過を測定することができます。

昇温脱離ガス分析装置 TDS-M202R

質量分析計を用いて脱離ガスの定性分析に赤外線ゴールドイメージ炉により試料を昇温させながら、試料温度と放出ガスの関係を四重極型質量分析計で分析します。

ガス透過率測定装置 GTms-1シリーズ

ガスバリアフィルムは、食品、飲料水や薬品などの包装材や電子デバイスにおける封止材として広く利用されております。特に最近では、有機EL ディスプレイや電子ペーパーなどのフレキシブルデバイスにおいてハイバリア性を持つフィルムの需要が高まっております。しかしながら、ハイバリアフィルムに要求される~10-6g/㎡ /dayレベルの透過量を絶対数量として測定することは極めて困難です。
アドバンス理工は、国立研究開発法人産業技術総合研究所が開発しました標準コンダクタンスユニットを搭載することで、透過量の絶対値を高感度で測定出来るガス透過率測定装置をご提供いたします。

 

水蒸気透過率測定装置 AQ PassR

露点法(特許出願中)による高感度測定と等圧法によるサンプルに優しい測定環境を実現。
(株)アルバックと共同開発した新方式により、電子材料、太陽光発電、有機薄膜などの各種保護膜をはじめ、食料品、飲料、薬品の容器など各種包装材料の水蒸気透過率を評価することができます。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.