温度差を与えた時に回収できる最大発電量や熱流量、及びその結果から算出する事ができる変換効率を評価できます。

大気中熱電モジュール評価装置 F-PEM

本装置は、熱電モジュールを実使用する環境(大気中・荷重下)で、そのモジュールに対して温度差を与えた時に回収できる最大発電量や熱流量、及びその結果から算出する事ができる変換効率を評価できます。また長時間稼働や熱サイクルによる熱電モジュールの評価試験も行う事ができ、モジュールの新規開発目的としての使用は勿論、市販のモジュールが実際に組み込まれる温度や荷重での耐久性評価も可能です。

用途

  • 大気中、荷重下での熱電モジュールの最大発電量と熱流量の評価
  • 最大発電量と熱流量から算出するモジュールの変換効率評価
  • 長時間測定による熱電モジュールの耐久性評価

特長

  • 高温大気中での連続負荷により、モジュールの出力特性が評価可能
  • 長時間負荷を与え続け、一定時間ごとにPmaxの繰返し測定が可能
  • 実際のモジュール組込環境に併せて一定荷重をかけながら測定が可能

本装置は、国立研究開発法人 産業技術総合研究所の研究成果を活用しています。(特許第WO 2017/164104号)

仕様

測定物性 発電量、熱流量、変換効率
温度範囲 室温~600℃(ヒーター設定値)
モジュールサイズ 40mm角(標準)
測定雰囲気 大気中

ユーティリティ

装置寸法 約W600 x D600 x H1700(mm)
重量 約120kg
所要電源 単相 AC200V, 5kW(本体)
単相 AC100V, 1kW(パソコン)

試料系ブロック

I
電流負荷
V
電圧
C
冷却水の熱容量
v
冷却水の流速
Tout
冷却水の出口温度
Tin
冷却水の入口温度

発電量(P) = IV
熱流量(Q) = Cv (T out - Tin)
変換効率(η)=P / (P + Q)

酸化物熱電モジュールの測定データ例

  • Pmax
  • Heat flow
  • Efficiency max

  • 発電量
  • 熱流量
  • 変換効率

論文リスト

この製品を利用した受託分析のご案内

この製品に関するお問い合わせはこちら

関連製品

  1. 熱電特性評価装置 ZEM-3シリーズ

  2. 厚さ方向熱電特性評価装置 ZEM-d

  3. 発電効率特性評価装置 PEM-2

  4. 小モジュール用熱電変換効率評価装置 Mini-PEM

  5. 熱電特性評価装置 ZEM-5シリーズ