赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

大気中熱電モジュール評価装置 F-PEM

本装置は、熱電モジュールを実使用する環境(大気中・荷重下)で、そのモジュールに対して温度差を与えた時に回収できる最大発電量や熱流量、及びその結果から算出する事ができる変換効率を評価できます。また長時間稼働や熱サイクルによる熱電モジュールの評価試験も行う事ができ、モジュールの新規開発目的としての使用は勿論、市販のモジュールが実際に組み込まれる温度や荷重での耐久性評価も可能です。

用途

  • 大気中、荷重下での熱電モジュールの最大発電量と熱流量の評価
  • 最大発電量と熱流量から算出するモジュールの変換効率評価
  • 長時間測定による熱電モジュールの耐久性評価

特長

  • 高温大気中での連続負荷により、モジュールの出力特性が評価可能
  • 長時間負荷を与え続け、一定時間ごとにPmaxの繰返し測定が可能
  • 実際のモジュール組込環境に併せて一定荷重をかけながら測定が可能

仕様

測定物性 発電量、熱流量、変換効率
温度範囲 室温~600℃(ヒーター設定値)
モジュールサイズ 40mm角(標準)
測定雰囲気 大気中

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.