赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

周期加熱法熱拡散率測定装置 FTCシリーズ

フラッシュ法では測定が難しい薄いフィルム試料を簡便に評価。
交流ジュール加熱法を用いてフィルム状高分子、紙、セラミックスなど固体の厚さ方向の熱拡散率を測定する装置です。
測定範囲をニーズの高い室温専用タイプとしたことで、コンパクトなボディと低価格を実現しました。

用途

  • フィルム材料の熱拡散率測定(厚さ方向)
  • 高分子フィルム、放熱シート、電子機器材料、
  • 導電体試料、パワーデバイス、その他の高分子材料

特長

  • フラッシュ法に比べ、試料の厚さ限界が半分以下なため、薄い高分子材料の熱物性評価に最適
  • ポリイミド系試料の場合は、10 μm~200 μm
  • 試料の面で測定が出来るように検出部を広くしているため、測定の再現性が高い
  • 省電力(AC 100 V 15 A、PC は除く)
  • 設置面積は、当社従来機(FTC-1)と比べて、半分以下のA3 サイズ程度

特許や規格

プラスチックの国際基準 ISO 22007-3 準拠

仕様

型式 FTC-RT FTC-1
測定物性 熱拡散率 熱拡散率
温度範囲 室温 室温~200℃
試料寸法 寸法:角10 mm~20 mm
厚さ:10 μm~200 μm(ポリイミド系試料)
20 μm~300 μm(石英ガラス)
測定雰囲気 大気中 不活性ガス中、大気

この製品を利用した受託分析のご案内

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.