赤外線ゴールドイメージ炉、ゼーベック係数測定装置(ZEM)など、アドバンス理工は多彩な熱技術をベースに未踏の分野に挑戦します。
製品案内

熱膨張計 DL-9000シリーズ

バルク材料の熱膨張測定専用装置。
さまざまな固体試料の熱膨張、収縮測定が出来ます。赤外線ゴールドイメージ炉を搭載した機器では素早く熱サイクル試験が行えます。

用途

  • ガラス材料のガラス転移前後の熱膨張測定
  • 半導体パッケージの品質管理

特長

  • スプリングバランス方式の荷重設定のため取り扱いが容易
  • 赤外線ゴールドイメージ炉を搭載のタイプは、高速加熱・冷却での測定が可能

仕様

型式 DL-9400 DL-9500 DL-9600 DL-9700 DL-9800
測定物性 熱膨張、収縮測定
温度範囲 室温~1000℃ 室温~1500℃ 室温~1100℃ 室温~1700℃ 室温~1650℃
試料寸法 φ3㎜~6㎜×長さ10㎜~20㎜(標準15㎜)
測定雰囲気 大気中、不活性ガス中
アプリケーション 特殊仕様に合わせたカスタム変更可能

この製品を利用した受託分析のご案内

お気軽にお問い合わせください。

Search

アドバンス理工株式会社 Copyright © ADVANCE RIKO, Inc. All Rights Reserved.