示差走査熱量計 DSC-Rシリーズ

全機種高感度センサを標準装備。
DSC-R シリーズは、厳密な熱設計により、高安定なベースラインを実現します。
通常スタンダード仕様では、困難であった比熱容量の測定を可能にしました。また、標準機でありながら、1.6μWの感度を実現しています。

用途

  • 高分子材料のガラス転移点の測定
  • ハンダ材料の低融点金属の融点測定
  • 金属材料の変態点測定
  • 固体(紛体)材料の比熱容量測定

特長

固体又は粉体の比熱容量が容易に測定可能

仕様

型式 DSC-R DSC-RL DSC-RS
温度範囲 RT ~ 650℃ -150 ~ 650℃ -150 ~ 650℃
サイクル加熱冷却
試料容器 アルミニウム製:φ5mm×厚さ5mm、0.05㏄
感度 ±1.6μW
測定雰囲気 大気中、不活性ガス中
この製品に関するお問い合わせはこちら

関連製品

  1. ロボット熱膨張計 DLY-9000-ROBOT

  2. レーザ熱膨張計 LIX-2シリーズ

  3. 熱機械試験機 TM-9000シリーズ

  4. 示差熱天秤 TGD-9000シリーズ

  5. 熱膨張計 DL-9000/DLY-9000シリーズ